空室対策

事実上の空き室ゼロ経営を実現

賃貸住宅の経営にあたって最も重要になるのが空き室対策です。収益安定化のためには入居者が空白となる期間をなるべく短くし、家賃収入が途切れないようにする必要があります。 そんな空き室対策の中で、ある意味究極の手段ともいえるシステムがあります。それが一括借り上げです。 一括借り上げとは、賃貸借契約を個別の入居者とではなく不動産業者と締結し、毎月家賃を受け取るというシステムです。実際の入居者は業者から転貸借の形で住戸を借り受けるかたちになります。これならば空き室が発生するしないに関わらずオーナーには毎月家賃が入金されるので、経営は非常に安定します。ただし不動産業者の収益が悪化するとトラブルが発生する可能性もあるので、業者選定にあたっては実績などを慎重に検討する必要があります。

これから賃貸を始めたい人にも

一括借り上げのシステムを採用した場合、一般的には運営に関わる業務は不動産業者に一任することになります。入居時における人物審査、入居者からの家賃の収納、設備の点検、補修工事等はすべて業者が行い、オーナーは必要な経費を負担するだけです。そのため、経営経験の浅いオーナーやサラリーマンなどの兼業オーナーにとっては理想的なシステムであるといえます。 また、すでに物件を所有している場合だけでなく、これから賃貸事業を始めようという場合でも一括借り上げシステムは利用可能です。その場合は物件取得前に業者に相談することで、利益が見込めそうな用地の選定や建物の構造、必要な設備等についてあらかじめアドバイスを受けることができます。